お知らせ

建築界の栄えある賞「医療福祉建築賞2014」を受賞

アクラスタウンが全国的な賞「リビング・オブ・ザ・イヤー2014」に続いて、建築界の栄えある賞「医療福祉建築賞2014」を受賞しました。

医療福祉建築賞は一般社団法人日本医療福祉建築協会が主催する顕彰事業です。1991年に創設、今年で24回目となります。

毎年、竣工後1年以上たつ新しい医療福祉施設を対象に優良作品を募り、厳正な審査の上、もっとも優秀と認められたもの数点に賞を授与しています。

医療福祉施設ほど「器と中味」の一体性が求められるものはありません。本賞では、デザインだけでなく、利用者の快適性や、スタッフの使い勝手といった視点もあわせて、総合的な評価が行われます。

受賞者は開設者または管理者・設計者・施工者の三者。この23年間に125の施設が受賞しています。そのほかの受賞施設は、至誠大地の家(東京都)、神戸市立医療センター中央市民病院(兵庫県)です。

先日4/24(金)に東京都港区芝の建築会館ホールで行われました表彰式に、ここ太宰府から代表の吉松をはじめ田中施設長など10数名と施工の北洋建設さん、また名古屋からは設計の大井さん、町田さんが出席してきました。

list page
PageTop